ヴァレンティノ×アンダーカバー、高橋盾による“過去と未来”がテーマのグラフィックをコートやフーディに

ヴァレンティノ(VALENTINO)とアンダーカバー(UNDERCOVER)が、2019-20年秋冬シーズンでコラボレーションする。

ヴァレンティノとアンダーカバーのコラボレーションは、2018年11月、ヴァレンティノ初となるメンズ・ウィメンズのプレタポルテコレクションのファッションショーを東京で発表するに伴い、開催されたギンザ シックスの旗艦店でのコンセプトショップでも登場していた。

そんなことも記憶に新しい、2019年1月。パリで披露された両者のコラボレーションは、ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクターであるパオロ・ピッチョーリと、アンダーカバーのデザイナーである高橋盾の対話から生まれたものだという。刺繍、ジャカード、そしてプリントなどクチュールライクなヴァレンティノの創作は、高橋のグラフィックが合わせられることでこれまでにないユニークさを纏った。

展開されるラインナップは、すべてヴァレンティノのラグジュアリーさ、そしてピッチョーリが近年注目しているストリート感を大切にした溢れるアイテムだ。

高橋がグラフィックとして採用したのは、ヴァレンティノとアンダーカバーにとって今季の共通のテーマである、過去と未来。タイムトラベル、UFO、そして今季のアンダーカバーのテーマである“時計仕掛けのオレンジ”に楽曲で登場する歴史の偉人、ヴェートーベンをミックスしたという。

特に目を惹いた、総柄のアイテムのなかには、高橋のグラフィックとヴァレンティノの“V”と、“VALENTINO”の文字がぎっしりと敷き詰められている。

今回のコラボレーションは“現代を映す等身大の鏡”
ピエールパオロ・ピッチョーリは今回のコラボレーションについて次のように話す。

「高橋盾は、実体のあるものをより概念的で洗練されたレベルへと引き上げることでストリートウェアの哲学を変えました。アンダーカバーは、日常的なワードローブの見慣れたアイテムにさえ詩的な繊細さをもたらします。盾のテイストやビジョン、そして彼のグラフィックの表現が好きです。彼の作る作品は予想外で、いつも発見があります。90年代のテーラリングにインスパイアされた私たちのコレクションと彼のロマンティックなストリートウェアは自然発生的であり、そして何より現代を映す等身大の鏡でもあります。」

今回のコラボレーションにあわせて、特別なキャンペーンビジュアルも公開。同ビジュアルは、高橋盾率いるアンダーカバープロダクションが制作を手掛けている。ヴァレンティノのクラシックで伝統的な美と、アンダーカバーのストリートカルチャーがもたらす刹那的な美、そしてその反骨精神を融合させたデザインは、メゾンの新たな1歩を感じさせる。

控えめだがパーソナライズされた時計ブランド。

アテネの時計は、以前は非常に強力だったのですが、比較的言えば、これらの年は創造性とデザインの点で本当に素晴らしいです。アテネの時計は、かつては家族経営で、技術革新の頻度はそれほど高くはありませんでしたが、2014年にアテネの時計がグループに登場してからは、別の気持ちになりました。ブランドの全体的なスタイルであるTable Foundationは、いくつかのステップを踏み出しました。アテネには十分ではない場所がないと言うのであれば、ファミリー化が長すぎ、マーケティングが遅く、それを知っている人の数が比較的少ないことが原因かもしれません。控えめだがパーソナライズされた時計ブランド。

      今年のアテネの時計の中で最も印象的なのは、海のシリーズメガヨット、機械的な雄牛です、そしてそのダイヤルで、あなたはその非常に洗練された機械工学を感じることができます。まず第一に、文字盤は豪華ヨットの頭のシルエットの文字盤に3D効果をもたらし、文字盤の側面にある青い「海」は現実的なスタイルで作られていますこの部分は波を突破して新しい世界に向かっています。勇気と決意。これは主にアテネの壮大なセーリングの歴史の象徴であり、現代のアテネの斬新な精神が機械的な創作において見るものです。もちろん、コレクターの観点からは、このデザインは非常に斬新で大胆であり、意味は良いです。

      もちろん、この時計の機械的デザインは最も素晴らしいです。 3時と12時の文字盤の機械的構造は、アテネの特許を取得したパワーディスプレイシステムを形成しており、ヨットのアンカー構造に触発され、12時のアンカー機構を介してアンカーを制御します。形状運動エネルギー指標このような小さなダイヤルスペースでは、このような複雑な構造の設計には、新しいマイクロメカニカルエンジニアリング設計だけでなく、超高精度部品製造と優れた組み立て技術も必要です。同時に、アテネの時計のオシレータは、フライングトゥールビヨンです。フライングトゥールビヨン自体は高精度で複雑な機械的構造であり、アテネの時計はそのフレームをプロペラ形状にしています。これもヨットプロペラブレードから派生しています。機能的には、アテネの時計は球面ムーンフェイズ表示、潮汐係数と一回換気量表示を追加します。これらすべては海と密接に関係しています。

      強力なムーブメントのサポートにより、優れた機械的スキル。動きは504の部分から成り、アテネと有名な独立系時計製造業者Christophe Claretによって共同開発されました。シニアの時計プレーヤーはChristophe Claretのことを聞いたことがあるはずです、彼の非常に有名な時計は時間を示すために磁気的にやる気にさせるビーズが付いているトゥールビヨン時計です、

      Freak Xは今年のアテネのもう一つのベンチマーク時計で、伝統的な時計製造スタイルを破り、バランスホイールとホイールを文字盤の上に置き、伝統的な指針を機械的構造に置き換えました。時計製造のめがね。 Freakシリーズは非常に高度で概念的なモデルで、今年のFreak Xは非常に目を引くもので、価格は3〜4万台で、Freak Xは非常に壮観な機械を保持しています。視覚的には、最低価格は21,000スイスフランしか必要とせず、人民元は約15万ユーロであり、先進的なFreak Xでも、人民元の価格は20万未満であり、現在のところ、このような黒いテクノロジーは買えません。ハイエンドの時計の種類、アテネはほとんどクールな選択です。 Freak X自体は非常に技術的で、素材も非常にハイテクなので、王冠を追加した後はトレーニングを調整するのが便利です。

2019新作 グラハム クロノファイター グランドヴィンテージ リミテッド 2CVDS.B29DK134F

ケース径:47mm
ケース素材:ステンレススティール
ストラップ:ラバー、ステンレススティール製ピンバックル
防水性:10気圧
ムーブメント:自動巻き、Cal.G1747、48時間パワーリザーブ、毎時28,800振動(4Hz)、25石
仕様:時・分・秒・日付表示、クロノグラフ(秒、30分積算、12時間積算)、サファイアクリスタル(ドーム状のガラスにエングレーブ、両面無反射コ ―ティング)ガラス、ガラス裏面にリミテッドナンバーの刻印、インデックス・針はホワイトスーパールミノバ、クロノグラフカウンターはスネイル加工
限定:各50本

「クロノグラフの父」と言われるジョージグラハムの精神を受け継ぎ、1995年、エリック・ロト氏によって設立されたスイスの高級時計ブランド「グラハム」。彼の“NOT EVERYBODY’S WATCH(通好みの時計) ”という哲学から生まれた代表的モデル「クロノファイター」は、第二次世界大戦中、防寒用の分厚いミトングローブを着けた爆撃機パイロットのために開発されたシステムに基づき、左側の巨大なトリガー型プッシュボタンが特徴的です。一目でグラハムと分かる個性的なデザインで、デビュー以来、多くの時計ファンを魅了してきました。

  “NOT EVERYBODY’S WATCH(通好みの時計) ”という哲学は新作モデルでも発揮されています。一般的にはサファイアクリスタルは硬く傷がつきにくいのが特徴です。しかしグラハムは大胆にも硬度が高く加工が難しいとされるドーム状に膨らんだサファイアクリスタルの内側にレーザーでスカルデザインのスクラッチを施しました。

  従来の時計作りの常識にとらわれず、他では思いもつかないアイデアやデザインで時計ファンを驚かせてきたグラハムですが、今回はアトリエにサファイアクリスタルを切削する設備も整えてスカルの顔を浮かびあがらせたのです。

 さらにグラハムでは、お買い上げいただいた『クロノファイターグランドヴィンテージ リミテッド』のサファイアクリスタルが割れた場合は、購入後24か月以内であれば無償でガラスを交換いたします。

 これは“NOT EVERYBODY’S WATCH(通好みの時計) ”という哲学と、GRAHAMのクオリティへの自信の現れでもあります。

ブルガリ ブルガリ・ブルガリ SAP102977

ブルガリ ブルガリ・ブルガリ SAP102977

Ref.:SAP102977
ケース径:41.0mm
ケース厚:8.7mm
ケース素材:ブロンズ
防水性:50m
ストラップ:ブラウンレザー、アルディヨンバックル、交換可能なブラックラバーストラップとレザーポーチ付
ムーブメント:自動巻き、マニュファクチュール、Cal.BVL191 ソロテンポ、42時間パワーリザーブ、毎時28,800振動
仕様:ブロンズベゼル、ブラックセラミックを施したブロンズ製リュウズ、ブラックラッカーグレインダイアル、ブロンズインデックス、ブロンズ針、コート・ド・ジュネーブ、時分秒表示

  ブルガリは、「ブルガリ・ブルガリ」lコレクションより新たにブロンズ製のモデルを発表いたします。帝政ローマ時代の皇帝の肖像画が描かれたコインに魅せられ誕生した初代の「ブルガリ・ブルガリ」ウォッチは、1975年に100名のVIPのお客様への贈答品として誕生しました。当時メゾンの銘を時計のベゼルにデザインすることは、大変センセーショナルなことでした。翌年1976年には、「ブルガリ ローマ」が初の商品として、翌年の1977年には、「ブルガリ・ブルガリ」が発売されました。

  イタリア人歌手のマッテオ・ボチェッリは、魅惑的なイタリアンスタイルのアンバサダーとしてブランドを象徴する個性豊かなブルガリファミリーのひとりです。卓越した才能を持つ情熱家で、地中海地方特有の端麗な容姿に恵まれたマッテオは、クラシックなブルガリの男性像である大胆な美を体現しています。

  40年以上の時を経て今もなおブランドのアイコンであり続ける「ブルガリ・ブルガリ」よりこのたび誕生したモデルは、ブルガリとして初めてブロンズ素材をあしらった新作です。何年もかけて変化をするその個性的な古艶(patinパティナ、古つや)はビンテージを彷彿とさせ、まさに時を刻み、変化を楽しむウォッチです。パティナとは、経年変化の味わいや楽しみを意味するラテン語で、アンティークのように時を重ね、素材のもつ内在的な魅力としてひとつひとつのウォッチに彩りを与えるコレクションです。

カール F. ブヘラ マネロ トゥールビヨン ダブルペリフェラル 00.10920.03.13.01

カール F. ブヘラ マネロ トゥールビヨン ダブルペリフェラル 00.10920.03.13.01

Ref.:00.10920.03.13.01
ケース径:43.10mm
ケース厚:11.57mm
ケース素材:18KRG
防水性:3気圧
ストラップ:アリゲーター
ムーブメント:自動巻き、Cal.CFB T3000、約65時間パワーリザーブ
仕様:トゥールビヨン、COSC認定クロノメーター

 カール F. ブヘラはこのムーブメントの完成までに約3年を費やしました。回転軸なしで回転させるための輪列機構の開発、ボールベアリングを含むペリフェラル技術に要する部品の小型化などのハードルをクリアすることに2年かかり、残りの1年は実際の着用によるチェック作業です。

 ペリフェラルテクノロジーの先駆者と自負するカール F. ブヘラにとって、この技術を応用したトゥールビヨンムーブメントの開発は、まさに130年の技術の総決算と言えましょう。

 また、130周年を記念して新しく誕生したコレクション「ヘリテージ」シリーズからも特別なトゥールビヨンが発表されました。マネロトゥールビヨンと同じ自社開発・製造ムーブメントを搭載し、さらにケースバックから見える18Kホワイトゴールド製プレートにはルツェルンの街の風景の手彫り装飾が施されています。よく見ると、ルツェルン湖には小さな白鳥が刻まれています。この白鳥は限定88本でそれぞれ違う位置に彫られており、1本1本が貴重なユニークピースと言えます。この特別なタイムピースもフェア期間後半には展示される予定です。

 会場では、カール F. ブヘラが誇る自社製ムーブメントCFB A2000の精緻な部品一つ一つを展開したプレートもご覧いただけます。また、トゥールビヨンのようなコンプリケーションだけでなくデイリーにお使いいただけるモデルも揃います。この機会にぜひ松坂屋名古屋店のプレシャスウォッチフェアにお出かけくださいませ。

カルティエ タンク・ソロ LM 実はすごく心強い、カルティエのドレスウォッチ

カルティエ タンク・ソロ LM 実はすごく心強い、カルティエのドレスウォッチ

さて、今回の「時紡ぎ」は前回より引き続き、カルティエのタンク・ソロです!!

DSC_0589

ボトムライン・モデルでありながらも、実のところは元祖タンクのデザインを一番踏襲しているのではないかと思えるタンク・ソロ・・・

ちょっと色々とあって売却してしまいましたが、今もまた再び購入を狙っているモデルでもあります(笑)

何がいいって・・・

DSC_0602

防水が日常生活レベルまで保証されているので、まあまあガンガン使えるんですよね。 これがありがたい。

通常のカルティエのこのタイプのモデルとなると・・・

DSC_0109 (1)

このような金無垢の上品な時計を着けたいと思いますよね。

特に上のモデルはカルティエが時計愛好家のために1999年に発表した機械式腕時計コレクション「コレクションプリヴェカルティエパリ」のタンク・アシンメトリー。

中の機械は高級ムーブメントのフレデリック・ピゲ。 宝飾メーカーという言葉が失礼なくらいの逸品です。

DSC_0146

ただ、本当のドレスウォッチなので、汗をかくようなシチュエーションで使うことは想定されていません。 完全非防水(笑)

カルティエの金無垢ドレス系は、少し前のモデルになるとこういうのが多いんです。

これは日本ではキツイですよね。 そんなに酷使するつもりはなくても、5月を過ぎると何かと汗をかきやすくなります。

でも、すごく上品なカルティエの時計をファッションに合わせたい・・・

DSC_0932

そんな時にこのタンク・ソロ・・・。

すごく上品なカルティエのデザインを踏襲していながらも、防水が効いています。

冬場でも地下鉄に乗ったりして混んでいたら、暖房や周りの人の熱気で汗をかいたりします。

そんな時でも、わざわざ気にして時計をはずしたりする必要がないんですよね。

ロレックス サブマリーナ 16800 ミリタリーの中にスマートさが混在。 優秀な普段使いヴィンテージ

 ロレックス サブマリーナ 16800 ミリタリーの中にスマートさが混在。 優秀な普段使いヴィンテージ

仕様:ステンレススチールケース&ブレスレット、自社製クロノグラフムーブメントエルCal.3035(パワーリザーブ約48時間)、サファイアクリスタル風防、防水性:300m防水、マットブラック文字盤(日付表示、トリチウム夜光塗料インデックス&針)、

サイズ:ケース横40.0mm、厚み約12.0mm

生産終了品

dsc09858-1

前回よりインプレしておりますロレックス サブマリーナ16800ですが、今回はいよいよ使ってみた感触です。

お顔は上の画像を見ていただければおわかりのように、バリバリのヴィンテージです。

dsc09865-1

文字盤はマットブラックなのですが、真っ黒ではなく「ブラウン・グレー」のような感じですね。

濃いめのカーキーとも呼べるような色で、ミリタリー感が強い文字盤です。

dsc09869-1

こうやって見てみると、白いインデックスの上にトリチウムを載せたのがよくわかりますね。

下地の白いインデックスがわずかに見えて、その上のトリチウムが少し黄色く焼けています。

針も少し劣化していますね。

dsc09860

インデックスはフチなしの中でもごく初期の少し大きめである「マキシ」と呼ばれるタイプです。

20061105-171406

(出典元:WatchBlog.dk

この16800の一つ前の世代である1680は風防が煙突のように上にせり上がったプラスチック風防。

風防の側面が大きく上にせり上がり、しかもプラスチックにはサファイアクリスタルほどの透明度がないものですから、視覚的にも風防のせり上がりがまるで文字盤を縁取っているかのように感じることができます。

dsc_2137-1

それに対してこの16800はサファイアクリスタルの硬度、そして時計ケース本体のケーシング技術の発達ゆえか、風防がそれほど上にせり上がっておらず、しかもサファイアクリスタルの透明感もあり、シェイプ的には現代的なスマートさを感じるんですね。

最近のミリタリーブームで復刻した現行モデルのような色合いを感じることができる・・・それでいて1980年代のものなので、30年以上前・・・。

ヴィンテージと名乗るにはいささか若い気がしますが、それでも月日の積み重ねを感じさせる時計でもあります。

dsc09862

シェイプ的なアウトラインは現行の1世代前の5桁16610であり、それでも顔はヴィンテージ4桁の1680・・・

ヴィンテージ感と共存する現行モデルのようなシャープさはなぜかIWCにも通ずるような気がして、5513が来なければもうちょっと持っててもよかったかなあ・・・という気もします。

dsc_1111-1

腕に載せてみると、これがまた本当に引き締まる!!

5桁16610のシルバーフレームが付いたインデックスのキラキラ感もいいですが、余計な装飾がない分、ブラックの精悍さが際立ちますね。

まさに無骨なサブマリーナ!!